資産管理業務の流れを知る

資産管理専門銀行の役割 世界の金融市場では、資産運用のプロと資産管理のプロが連携して活躍しています。

年金基金や投資信託などの資産は一般に、運用のプロ(運用会社)が世界各国の証券市場で株式や債券等に投資することで運用されています。
これらの投資活動に伴って、有価証券等と資金の決済、有価証券等の保管、残高の管理、配当金・利金の受け入れといった資産管理業務が必要になります。
当社はこれらの資産管理業務を「資産管理のプロ」として専門的かつ効率的に提供する「資産管理専門銀行」として、運用のプロや証券会社と緊密に連携。年金基金などのお客様の大切な資産を確実に守る役割を担っています。