A member of MUFG

ENTRY ENTRY MY PAGE

日本マスタートラスト信託銀行株式会社

プロへの成長を支援する制度の軸はOJTとなっています。日常の業務を進めながら、先輩社員がトレーナーとなり、特に新入社員については、マンツーマンで必要な知識やノウハウを直接伝えていきます。 先輩社員は、自分の業務として新入社員の指導・教育に取り組みますので、積極的に質問をして疑問・不明点を解消していってください。入社時は何もわからなくても大丈夫。一日も早く、スムーズに業務を進めていけるよう、先輩社員が全力でサポートします。

資産管理業務の根幹になる業務知識、業務の関連知識(PC・語学)およびマネジメント能力など様々な知識・スキルを学ぶ機会を提供し、業務を離れて社員一人ひとりがスキル・コアコンピテンシーを学んでいくことができます。
若手社員向けには「新入社員研修」に加え「2年目研修」など社会人としての成長を支援する研修を用意しています。
その他にも段階別育成プログラムに基づき、「階層別・テーマ別研修」、「関連会社(国内・海外)研修派遣」、「社内留学」、「カストディアンセミナー」など数多くの能力開発や業務習得の場を提供しています。また部内の勉強会では、社員が交替で講師となって、日頃培った業務知識や情報を共有。組織一丸となって業務の改善や課題解決に取り組んでいます。

業務に関する知識の深化や、日々の業務を効率的に行うためのスキル獲得などに向けて、自ら主体的に資格の取得や通信講座の受講を希望する社員を支援しています。受験料・受講料の補助など、先輩達もこの制度を活用し、知識習得やスキルアップに励んでいます。

資産管理業務のプロフェッショナルとなるためには、資産管理に関わる複数の業務を担当し、知識と経験に幅を持たせることが重要です。そのため、専門性の深化と拡大を狙いとして、モデルキャリアパスや自己申告などに基づいたジョブローテーションを実施しています。

ワークライフバランスを支援する制度

女性が多く、そして長く活躍するのも当社の特徴。結婚や出産の後も変わらず働き続けてほしい。 働きやすい職場づくりを大切に、働き続けたいという社員の想いをバックアップする制度を用意しています。 「制度」は活用されてこそ意味があると考え、積極的に社員の意見を求め、環境整備を進めています。

自己申告制度

社員が今後希望するキャリアや働き方等について申告する制度。全社員と毎年個別面談を行い、一人ひとりの意見や希望に耳を傾け、ジョブローテーションや制度・環境の整備に活かしています。社員に活用されてこその制度ですから、どんなに小さなことでも積極的に意見を求め、社内環境を更に充実させていきます。

産休・育休制度

法定の産前休業6週以前から産前休業を取得可能。育休と合わせて最長3年間(子一人につき2回まで)取得できます。法定以上の制度を整備。子供との時間を大切に過ごし、また会社に戻ってきてほしい。そんな想いのこもった制度です。

短時間勤務制度

子供が小学校を卒業するまで、所定勤務時間を最大3時間まで短縮することのできる制度です。 育児も大事にして働き続けてもらいたい。ワーキングマザーを応援する制度です。

5営業日連続休暇

年に2回(上期・下期各1回)5営業日連続して休暇を取得する制度。この休暇は全社員の取得が義務付けられている、「絶対に取らなければならない休暇」です。 この制度を活用して、海外旅行を楽しむ社員も多いようです。休暇をきちんと取るから会社でも頑張れるというもの。仕事とプライベートの両立を応援する制度です。

kurumin

上記の他にも「旧姓使用制度」、「育児費用補助制度」、「時差勤務制度」・・・など、ワークライフバランスを支援する制度が充実しています。ぜひあなたも、自分自身の将来を想像してみてください。